結婚指輪の材質を知ろう

image1結婚指輪を選ぶ時デザインや宝石はもちろん重要ですが素材選びも忘れてはいけません。主にプラチナやゴールドが有名ですがゴールドが主流となっている欧米と比較すると日本ではプラチナの方が主流となっているようです。華やかさを求める傾向にある欧米と慎ましさを求める傾向のある日本の違いがこのような場面でもあらわてくるようです。
プラチナは変色やさびに強く耐久性に優れている点から永遠の愛の主張として結婚指輪にぴったりの素材といわれています。例えばダイヤモンドの美しい輝きを引き出すにはうすい銀色のプラチナ素材が相性抜群です。色つきの金属と組み合わせるとダイヤモンドの透明感が落ちてしまうことがあります。
ゴールドはイエローやホワイトやピンクなどがありますが中でもポピュラーなのがイエローゴールドです。銀色のプラチナリングに比べるとややカジュアル感が強くなりデザインによっては結婚指輪らしくない印象を与えることもあるのですが自分らしい個性的なリングにしたい場合はおすすめです。ちなみに日本人の肌の色から考慮するとピンクゴールドが一番しっくりくるようです。個性的にはしたいけどあまり目立ちすぎないのがいいという人はピンクゴールドの素材を取り入れるのもいいでしょう。
昨今多くなってきた金属アレルギーの人にはチタンがおすすめです。アレルギーが起こりにくい素材として有名でプラチナやゴールドに比べて約4分の1という軽さです。その他とにかく値段は安いほうがいいという人はステンレスという選択もあります。低価格ではありますが傷がつきにくくさびにくいという優れた特徴をもっています。


結婚指輪をスマートに渡すにはどうすれば良い?

image1結婚指輪を渡すというのは人生を通してもトップクラスの重要なイベントだと感じる人も少なくはないかもしれません。ちゃんと受け取ってもらえるのか、相手はこの指輪を気に入ってくれるのかという不安もあるかもしれませんし、普段気楽にふざけ合えるような親しい仲であればあるほどに面と向き合って指輪を渡すということに気恥ずかしさを感じしてしまうこともあるかもしれません。
ですが、今後結婚して共に生活していくうえで、こういったことを相手にはっきりと告げておくというのは大切なことです。いつの日か、結婚の時のことや指輪を受け取った時のことを思い出してみてお互いに良い思い出だったと言い合えるのは素晴らしいことではないかと思われます。
結婚指輪をスマートに相手に渡すには、まずは気恥ずかしいといった気持ちを捨てることが大切です。もちろん、気恥ずかしさを捨てろと言われて簡単に捨てられるわけではないという人も多いかもしれません。ですが、相手は自分が結婚を考えているほどに信頼できるような異性なのですから、相手に残りの人生を自分と共に歩んでもらおうと思うのならば、こちらもそれなりの誠意や気持ちを伝えるというのは間違ったことではありません。むしろ、とても大切なことではないかと思われます。自分が指輪を渡そうとする相手は、本当に自分が気恥ずかしさや不安を感じる必要の相手なのか、そのことを改めて考えてみればそれらの気持ちも捨て去って、スマートに結婚指輪を渡せるのではないかと思われます。